PageTop
  • Home > 
  • Research > 
  • アパレル各社販売促進例~9月度

Research

アパレル各社販売促進例~9月度

2014.10.3

アパレル各社販売促進例~9月度

本日は日頃クライアントの方々からよくある質問
「何か面白い販売促進ってない?」
にお答えする形で競合他社の販売促進をご紹介いたします。

【GU】「だってスカート祭りだもん」キャンペーン

キャプチャ

概要
GUの公式アカウントをフォロー
 ↓
指定されたハッシュタグを付けてスカートを着用した画像や動画を投稿
 ↓
抽選で100万円相当の純金のスカートをプレゼント

ポイント
インパクトが強い話題性と拡散性を重視したキャンペーンですね。
ポイントはスカートを着用した人は男性でも応募可能といったところでしょうか。
スカートを着用した女性の画像だけではなく、
男性が着用した面白い画像もキャンペーンとして拡散されて
話題になるというストーリーも考えられますね。

【ユナイテッドアローズ】ピンクリボンキャンペーン

ua

概要
キャンペーン期間内に対象商品を購入すると、売上の一部がチャリティ団体に寄付されます。

ポイント
チャリティイベントを絡ませたキャンペーンです。
購入者へのインセンティブは有りませんが、売上の一部が寄付される事で
お客様の購入ハードルを低くしていますね。
売上だけではなくCSRとしての側面も訴求できているキャンペーンだと感じます。

【アメリカンイーグル】デニム試着キャンペーン

ae

概要
全国のアメリカンイーグル各店舗で同社のデニムを試着した人全員に、
「デニム1,000円OFFクーポン」「デニム2,000円OFFクーポン」
「デニム1本フリー」のいずれかが当たるスクラッチカードをプレゼントします。
またSNSではアメリカンイーグルのデニムを履いた画像を、
ハッシュタグ「#AEOジーンズ」を付けてツイッターまたはインスタグラムに投稿した人の中から、
抽選で10名に1万円分のクーポンをプレゼントします。

ポイント
店舗とSNS中心としたキャンペーンです。
店舗では一度試着していただくことで、
試着時の接客や次回のクーポンを絡めながら購買に繋げます。
SNSではクーポンをインセンティブにして商品を着用した画像の拡散を狙います。

まとめ

今回事例を研究して感じたことが2点あります。
①如何にしてキャンペーン参加へのハードルを下げるか?
 └ターゲットやキャンペーンに合わせたSNSを駆使するのはもはや必須だと感じます。
  次に考える事はキャンペーンにどのようにして参加を促すのか?だと感じました。
  より魅力的なインセンティブを用意する事や面白いコンテンツを用意する等が考えられます。

②認知拡大もブランディングを意識した拡大が必要
 └広告やSNSでただキャンペーンを告知するのではなく、
 「ブランドイメージを重視したキャンペーン」が必要になってくると感じます。

今後も面白そうなキャンペーンやコンテンツ等があれば、定期的にこの場でお伝えしてきます。

written by 福塚 真一郎
——————-
記事の突っ込み、ご指摘、激励などなど何かあれば、お気軽にこちらまで!
メールアドレス:noda.mitsuaki@apparel-web.com
Facebook:https://www.facebook.com/apparelmarketing

Category:

Tag:

関連する記事