PageTop
  • Home > 
  • Research > 
  • 2017年S/S 立ち上げ販促参考シリーズ(2月編)

Research

2017年S/S 立ち上げ販促参考シリーズ(2月編)

2017.1.24

2017年S/S 立ち上げ販促参考シリーズ(2月編)

 早くも業界全体がファイナルセールの終盤を迎え、S/S新作先行予約へシフトする時期になりました。主要セレクト系ECやレディースブランドEC中心にS/S先行予約の実施が出揃った印象です。これから2月に向けて、昨年の動向を参考しながら、今年の施策に応用できるヒントを探ってみましょう。
まずは今年2月の注目行事やイベントをみてみましょう。やはりバレンタイン商戦が注目されますね。今年の2月には連休がないため、自社のMD計画に合わせて、アイテム軸のフェア開催やバレンタインギフト特集が販促の主要方向性になるでしょう。

図2

 それでは、昨年の2月他社事例をみてみます。

2016年2月の販促傾向

新作アイテム2Buy10%OFFまとめ買いキャンペーン

SnapCrab_NoName_2017-1-13_16-39-3_No-00
新作まとめ買い事例(2Buy10%off)。本セール終了直後、市場全体の消費意欲が暫く落ち着く傾向があるので2Buy10%offのような低割引といった客単価改善のバランスが取れた施策が行われました。

商品軸フェアの特集

SnapCrab_NoName_2017-1-17_11-22-48_No-00

例年2月の気温が低いので、春先の需要に応じることがポイントです。新作の中からニット、軽量アウター、ボトムのアイテム軸がおすすめです。また上記事例のように、特集のタイトル内「まだ寒い2月でも春のような暖かさ」という着回しを訴求することによってユーザーの購買意欲を喚起することができます。

キーワードを活かした新作トレンドアイテム特集

SnapCrab_NoName_2017-1-17_11-24-6_No-00
商品軸で他社との差別化を図るために、自社のMD計画やシーズンテーマのキーワードを活かして、一押しアイテムをアピールするコンテンツが不可欠です。上記事例のように「大人フェミニン」をテーマにした特徴のあるアイテムをピックアップした特集です。

SnapCrab_NoName_2017-1-17_11-27-17_No-00

打ち出すキーワードの選定に関してはトレンドカラ―、ヒットアイテムの要素を活用することが多いです。キャンペーンの傾向については、例年と昨年は大きな変化がなく、主に春の新生活応援や季節買い替えをテーマにした新規会員獲得キャンペーンが多くと見受けられます。1か月くらいから長めの期間を設定し、期間中の○○倍ポイントアップがに実施されました。

キャンペーン事例

●2016事例
SnapCrab_NoName_2017-1-17_11-34-1_No-00
2017年進行中キャンペーン
20170113_2000off_1190_415
SnapCrab_NoName_2017-1-17_15-42-32_No-00

ここ数年ファッションECとLine公式、Line@との連携がより緻密になり、特にLineが新規ユーザーを獲得するプラットフォームとして手段のひとつになって来ています。

バレンタイン事例

1月3の週目あたりから、セレクト系やアクセサリブランドEC中心に、バレンタインギフト特集が実施されました。実際昨年ファッション系ECのバレンタイン特集の実施タイミングは直前2週間前が多かった様です。

SnapCrab_NoName_2017-1-16_17-48-46_No-00
SnapCrab_NoName_2017-1-16_17-49-16_No-00

SnapCrab_NoName_2017-1-17_14-19-58_No-00
SnapCrab_NoName_2017-1-17_14-18-38_No-00

例年の通り、特集やキャンペーン向けのアイテム選定は、小物・雑貨やアクセサリーなどギフト向けの商品が主流です。またバレンタイン向けのキャンペーンの方向性にはSNS中心にしたユーザー投稿参加型の企画をおすすめします。理由としては、上記事例のように、ユーザーに自社商品の着用(利用)した投稿をキャンペーン専用のハッシュタグを付けて投稿することによって、ブランドの関連キーワードが増加し、拡大していくため、ユーザーの認知度拡大も期待できます。

まとめ

昨年の事例を吟味し、2月に向けて、おすすめの販促方案が下記の二大軸ようになります。

1.アイテム・コ―デ軸

自社のMD計画またはシーズンテーマのキーワードをピックアップし、特集やメルマガなどに活用。

2.キャンペーン軸
-春の新生活応援をテーマにLine、InstagramなどのSNSキャンペーンを実施。

次回は3月向けの販促事例についてお届けします。

Category:

Tag:

関連する記事