PageTop
  • Home > 
  • Research > 
  • 韓国ファッションEコマースに見る、参考にすべき3ポイント

Research

韓国ファッションEコマースに見る、参考にすべき3ポイント

2013.7.7

韓国ファッションEコマースに見る、参考にすべき3ポイント

Dholicに代表される韓国系Eコマースが伸びているという話をよく耳にします。
弊社で学生向けにセミナーをやった際に、「よく利用するファッション通販サイトは?」と質問しますが、その中でよく聞かれるのはやはり、ZOZOTOWN、それに匹敵するくらいにDholicの名前が挙がります。
若年層を中心にマーケットシェアを徐々に拡げているのは確かのようです。

何故、韓国系ファッションEコマースが支持されるているのでしょうか?
一見は百聞に如かずで、サイトを見てもらえれば日本のファッションEコマースとの見え方の違いなどすぐに分かります。
改めて韓国系ファッションEコマースの特徴とポイントをご紹介します。

Dholic

Dholic

http://www.dholic.co.jp/

日本のECサイトではあまり見かけない、ロケーション撮影+モデルが特徴的で、まるで雑誌を見ながら買い物をしている感覚を覚えます。
目的買いというよりもウィンドウショッピングに近い感覚です。
特にサイトを見ていて目を引くのは商品詳細ページ。

商品詳細ページ

dholic_item

一見普通の商品詳細に見えますが、ここからのスクロールが・・・。
約16スクロールほどしてようやく最下部にたどり着きます。

スクロールイメージ

Dholic_item_footer

このようなイメージ画像がずっと下に続きます。
そして最後の方にはモデルの紹介がされておりますが、売り出したいモデル側としてはDholicを宣伝の場として活用出来ますし、Dholic側としてはモデルを使った撮影を安価にできるため双方のメリットが合致しています。

モデル紹介

model

最下部にはコーディネートで使用したアイテムへのリンク。
見れば見るほど回遊したくなるシンプルで分かりやすい導線設計になっています。

 コーディネートアイテム

coordinate

圧倒的な写真クオリティ、そして写真のクオリティとは反対に低価格なアイテム群、圧倒的な商品数がユーザーに支持されているポイントとしても考えられます。
ここまでは誰でも分かる、成功したポイントとしては分かりやすいと思います。
これらに加えて本当に参考にすべきポイントはマーケティングの部分です。

【ポイント1】レビューや買い物金額に応じた会員ランク members

会員ランクも事細かに分けられ、少しずつ上を目指したくなるような仕組みになっています。
また購入金額に合わせてだけでなく、レビューを書くとポイントをもらえたりとユーザーを参加させるための仕掛けが匠に組み込まれています。

【ポイント2】メルマガ、Facebookなどビジュアルを活かしたCRMfacebook

画像自体に優位性があるので、Facebookやメルマガなどビジュアルを流用したマーケティングやプロモーションにも必然的に優位性が出ます。
テキストだけでは伝わらない世界観がビジュアルを活用することでより鮮明に伝わってきます。

【ポイント3】徹底したWEBプロモーション 検索結果

多くのキーワードで広告枠上位表示をしています。
徹底した認知拡大のためのWEBプロモーションをし続けることで、認知の拡大、信頼性の向上につながっているのだと思います。

最後に

表向きな見せ方だけでも十分な優位性がありますが、それだけでなくマーケティングやプロモーションを徹底して実施しているからこそ日本においてマーケットシェアを着実に拡大して行けているのでしょう。

また、Dholicだけでなく韓国系のファッションEコマースサイトは数多く日本に進出してきてます。

スタイルナンダ
http://kore-anna.com/

コリアンナ
http://kore-anna.com/

COII
http://jp.coii.kr/

どのサイトもクオリティ高く、参考にすべきヒントはたくさんあります。

参考になる部分は積極的に取り入れ、日本のファッションEコマースが未だ「買い物する場」だけになってしまっている実情から、店頭と同じ考えで「買い物を楽しむ場」として進歩すれば、世界でも十分通じるのではないでしょうか。

Category:

Tag:

関連する記事