PageTop
  • Home > 
  • Research > 
  • ファッション × ムービーの相性はいかに!?アパレルブランドの動画事例まとめ

Research

ファッション × ムービーの相性はいかに!?アパレルブランドの動画事例まとめ

2013.11.14

ファッション × ムービーの相性はいかに!?アパレルブランドの動画事例まとめ

「スマートフォン時代」と言われるように、街に出れば若者やビジネスマンを中心に多くの方々がスマートフォンを片手に歩いているのを見かけます。

IDC JAPANから出ている統計を見ても現在、家庭市場におけるスマートフォンの普及率は49.8%となり、10~20歳台に関しては完全に折りたたみ式の携帯電話の普及率と逆転しています。

スマートフォン占有率
「出典:IDC Japan」

さらに通信スピードはLTEの導入もあり、PCと遜色なくストレスのない環境となりました。通信スピードという弊害がなくなった背景が、WEB上のPRにも変化をもたらしはじめています。
その一つが「動画コンテンツ」
写真共有サービスから動画も共有可能となった「Instagram 」や、Twitterがローンチした動画共有サービス「Vine」、簡単に雰囲気のある動画が作成できる「Road Movies」など、動画を使ったサービスも続々登場し、企業も各サービスを使用したPRに試行錯誤しております。
また写真での差別化が難しくなってきたファッション業界では、各企業が自社の動画コンテンツにも力を入れてきています。
今回はそんな各企業の動画を使用したPRをまとめて紹介していきます。

・ブランディング動画

《nano・universe》
nanosecond
「フローズン・タイム」という手法を用い、スタイリッシュかつエンタメ性に優れたWEBプロモーションを提供しています。
それぞれのモデルのコーディネートから商品詳細ページヘ飛ぶ事も可能であり、利便性も兼ね備えたコンテンツです。

《URBAN RESEARCH》
Snap plus
「動くスナップ」という表現が適切かは分かりませんが、今までにない魅せ方です。
写真と動画織り交ぜながら、スライド式に動いていきます。写真と動画のコントラストを利用した効果的な商品訴求は必見です。

《Lee Japan》
Lee Japan
トップページから直接、「MOVIE」というカテゴリに飛ぶことができます。
内容は外国人を使ったかっこいいプロモーション動画と、ポップアーティスト・「moumoon」のYUKAさんを起用した、日常を描いた内容のものが用意されています。

《NATURAL BEAUTY BASIC》
NATURAL BEAUTY BASIC
外国人モデルと日本の有名モデルを使った動画でブランドイメージを作り上げています。
コンテンツそのものよりも動画の内容にこだわりが見えますね。

《niko and…》
niko and...
「niko and…」のCMといえば、女優の広末涼子さんを起用するなど話題性が強い印象があります。
自社のHPではそんな「niko and…」のCMを一挙に見ることができます。

《ASOS》
asos
海外のファッション感度の高いECサイトです。商品はもちろん、ブログも読み応えがあります。
「Tailoring」のカテゴリでは、ネクタイの巻き方を動画でレクチャーしてくれています。

《Louis Vuitton》
Louis Vuitton
映画の様な動画でブランドイメージを形成しています。
動画終了後には、3D空間を移動しながらギャラリーを見ることができるページに誘導します。

・モノづくり/こだわり訴求動画

《CA4LA》
FACTORY  ATELIER&WORKS  CA4LA
商品ができあがるまでの工程を動画で紹介しています。職人のこだわりが伝わる動画となっています。
作業工程を見た最後に出来上がった数々の帽子は、今までと違った見え方になる気がします。

《HERZ》
ヘルツ
革にこだわった商品の機能性を訴求する動画です。
革製品のケアの方法も学べる一石二鳥の動画となっております。

《STORES》
インタビュー|STORES
無料でオンラインショップを開設できる作成でき「STORES」では、その特徴を活かした動画コンテンツを作っています。
「STORES」で出店している様々な店のスタッフのインタビューを集めたもので、それぞれの店のこだわりを知ることができます。

《Everlane》
Everlane
こだわりの強い商品を扱うECで、サイト内の至る所にこだわりを訴求する画像・動画が設置してあります。
カシミヤの商品ページではトップに工場の様子を掲載しております。
また商品詳細ページではモデルが動き出し、その下にはプロデューサーが自ら商品へのこだわりをプレゼンする動画を見ることができます。
海外のオンラインショップにおける動画の重要性がよくわかる動画事例です。

・使い勝手向上動画

《SHOPBOP》
SHOPBOP
こちらも海外事例です。ほとんどの商品に動画を掲載しています。
モデルが目の前にいるような演出で、動画までのスピードも全くストレスのないものです。

《Diane von Furstenberg’s》
DVF
SHOP BOPと似ていますが、こちらは商品一覧から動きます。
欧米の技術力の高さが伺えますね。

・Instagram/Vineを使った事例

《SHIPS》
NAVY  NAVY  NAVY    SHIPS
「NAVY!NAVY!NAVY!」と名付けられたこの企画では、通常のルック・動画があり、その撮影の様子をInstagramにて閲覧することができます。

《Burberry》
Burberry2
BurberryはVineを用いて、商品紹介をしております。
ポイントは6秒間という限られた時間で多くの商品を紹介し、短い時間の分気になった商品の詳細が知りたくなりECに誘導できるという仕組みです。

いかがでしたでしょうか。
一括りに動画と言ってもその目的やターゲット、訴求方法は多岐に渡ります。
最近では「ワールド」や「オンワード樫山」など、老舗のアパレルメーカーがこぞってCMを打ち始めるなど、映像の価値が見直されてきている印象があります。
もし導入を検討されている方は、まずは上記に挙げた動画共有サービスなどから始めてみてはいかがでしょうか。

Category:

Tag: ,

関連する記事